服薬フォローアップの方法

公開日: |更新日:

2020年9月施行の改正薬機法にて、薬局薬剤師による服薬フォローアップが義務付けられました。改めて、義務化された理由や具体的な進め方について確認し、服薬フォローアップについての理解を深めていきましょう。

服薬フォローアップとは

服薬フォローアップとは、薬局の薬剤師が患者さんの使っている医薬品の確認を行い、状況に応じて服薬指導や健康管理を行うことです。2020年9月に施行された改正薬機法において、薬局の薬剤師が服薬フォローアップを行うことが義務化されました。

義務化の背景事情

服薬フォローアップは、何年も前からすでに薬局の重要な業務の一つといわれていました。しかし、薬局によって積極的に進めているところとそうでないところがあったため、改めて今回、全ての薬局でサービスを行ってもらうために義務化されたのです。

これまでの薬局薬剤師といえば、薬を調剤する仕事がメインでした。しかしこれからの薬局薬剤師は、患者さんの状況を把握し、健康のための指導を行い、何かあったときに相談に乗る「かかりつけ薬剤師」の役割が求められるようになっていきます。今回の服薬フォローアップ義務化は、その第一歩といえるでしょう。

服薬フォローアップの進め方

声かけする患者さんを決める

服薬フォローアップは、まず患者さんへの声かけから始まります。

しかし、何も考えず全ての患者さんに声をかけるのではいけません。例えば、初めて処方される薬があった患者さんや、吸入指導をした患者さん、ハイリスク薬を処方された患者さんなど、フォローの必要性が高いと考えられる患者さんを中心に声かけしていきましょう。

正確な情報収集

フォローアップすべき患者さんを決めたら、その患者さんへの聞き取りを正確に行い、処方箋やお薬手帳の内容とともに分析・評価します。今飲んでいる薬のことだけではなく、患者さんの年齢やBMI、原疾患や既往歴、食生活などさまざまな情報をできる限り細かく収集し、総合的に判断したうえで、どのようなフォローアップをすべきか計画します。

声かけの仕方

服薬フォローアップを実施するには、別日に患者さんに連絡して症状の確認や服薬指導を行う必要があるため、その患者さんやご家族の協力が必要になってきます。突然連絡するのではなく、来局時に「○日に連絡して、体調のご確認をさせていただいてもよろしいでしょうか」など、その後のフォローアップの意図と予定を丁寧に伝え、アポを取っておくことが大切です。

確認すべき事項

フォローアップの際に確認すべき事項は患者によって異なるため、基本的には薬剤師自身が考えるべきことです。参考として、日本薬剤師会が提供している「薬剤使用期間中の患者フォローアップの手引き」には、

  • 薬剤等の使用状況(残薬の状況を含む)
  • 使用中の薬剤の効果
  • 患者基本状況の変化
  • 併用薬や食品・嗜好品との相互作用による影響
  • 生活機能への影響
  • 生活の特性の変化
  • 使用中の薬剤に対する意識(先入観、不安感)

といった項目を確認するのが基本的な考え方と記されています。

参照元:公益社団法人日本薬剤師会(https://www.nichiyaku.or.jp/pharmacy-info/other/follow-up.html)

分析・評価

服薬フォローアップで確認した事項をもとに、さまざまな情報を組み合わせて薬学的に分析を行います。必要に応じて患者さんへの指導や情報提供を行いますが、その際には指導をした薬剤師の名前を必ず伝えるようにしてください。

副作用が疑われたり薬の使用をやめたほうがいいと判断した場合は、直ちに処方を行った医師に連絡し、情報共有を行ってください。

これらの分析をもとに、また次回のフォローアップについて考えます。

記録

服薬フォローアップの内容は、調剤録に記録し、保存しなければならないと義務付けられています。薬剤服用歴への記録がなされていればオーケーです。他の薬剤師や医師が見ても分かるように記録しましょう。

オンラインでの服薬フォローアップ

薬局薬剤師の服薬フォローアップが義務化されたことに伴い、オンラインで服薬フォローアップをすることが認められるようになりました。

アプリを使ったオンラインフォローアップは空いた時間にできるため、電話と比べてお互いの負担感が少ないです。その便利さや気軽さから、すでにチャット機能を使ったアプリを活用してフォローアップを行っている薬局もあります。

また、わざわざアプリをダウンロードせずとも、多くの人が使っているLINEを利用した「おくすり連絡帳」というサービスを使うという手があります。この「おくすり連絡帳」は、LINE上で質問に答えていくだけで、システムが自動的にフォローすべき患者さんをピックアップしてくれる便利な仕組みです。患者さんの情報は自動的に保存されるため、毎回手動で記録を付ける負担も減ります。

このように、オンラインでの服薬フォローアップを積極的に行うのは良いですが、全てをオンライン上で済ませてしまうのもまた危険といえます。オンライン上の文字だけでは判断できないような微妙なニュアンスを感じ取れるのが、対面や電話の良いところ。必要に応じてさまざまな手段を使い分け、柔軟に患者さんとのコミュニケーションを取るようにしてください。

薬品別に考える服薬フォローアップ

処方箋医薬品

処方箋医薬品を服用している患者さんへ服薬フォローアップを実施した結果、処方薬の変更や中止に繋がり、それが患者さんの症状の改善に繋がった例があります。フォローアップをきっかけに、処方医と薬剤師が互いに情報を提供し合い、連携することも増えたようです。

参照元:ミクスオンライン(https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=69849)

処方箋医薬品以外の医薬品

やむを得ず処方箋医薬品以外の医療用医薬品を購入した患者さんにも、丁寧な服薬フォローアップを行うようにしましょう。体調の変化や有害事象の確認を行い、医療機関を受診するよう勧めてください。

また、要指導医薬品や一般用医薬品を購入した患者さんについても、場合によっては服薬フォローアップを行ったほうがよいケースがあります。

医薬部外品

医薬品と医薬部外品を併用して服用している場合は、その医薬部外品の効果や作用も考慮しつつ、服薬フォローアップを行うことが大切です。

ミス防止×スピードUP!?
おすすめの調剤監査システムを
スペック比較

関連ページ

調剤監査システム導入までの比較項目をチェック

薬局経営のヒント
一人薬剤師で店舗をうまく経営する方法
非薬剤師のピッキング補助で円滑に運営するには
薬局経営で重要な薬剤師へのコーチング
薬剤廃棄ロスが問題に?薬局経営に与える影響とは
薬局経営で2店舗目を展開するタイミングや注意点
小回りの利くハンディタイプで
調剤監査システム4つを
比較してみた

スマートフォン・専用端末で操作するハンディタイプの調剤監査システムの中でも、複数台導入が可能な調剤監査システムを4つ厳選。調剤過誤防止機能・作業スピードアップ機能・メンテナンス・監査以外の便利機能といった視点で比較してみました。(2020年10月調査時点)

30日間無料
お試しからスタート
他システムと連携で
機能拡充
老舗メーカー発の
お手軽システム
全自動錠剤包装機
とも連動
調剤過誤防止
補充時の
正誤チェック

棚に入れる時点での
ミスを防ぐ

予製

予製の監査をあらかじめ完了でき

画像保存

処方した薬の写真を撮影し、患者からの後日問合せにも記録をもとに対応できる

スピードアップ
先行調剤

処方箋入力前に作業ができる

複数人同時調剤

1枚の処方箋を複数人で作業できる

ピッキング
ナビゲーション

ピッキング順序をナビゲートしてくれる

導入
機種

機種によって設置場所の確保・工事の可否が異なる

iPodtouch
iPhone
iPad
があれば工事不要(専用PC不要)
専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
スキャナ付
iPodtouch
もしくは専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
メンテナンス
薬品マスタの更新

薬品マスタデータの更新方法

自動更新 手動更新

監査以外の
便利機能

  • 在庫管理・棚卸と連動して業務効率化
  • 予製作成で棚卸しの時短
  • オンライン服薬指導に対応
  • バーコード読み取り後の実在庫チェックで棚卸し対応
  • 棚番ごとの数量入力で棚卸し作業軽減
  • ラベル・帳票プリンターと接続可能
  • 全自動錠剤包装機と連動、手撒き分包にも対応
  • 調剤履歴を制御PCに保存、CSV出力可能

※表は横にスクロールできます

調剤過誤防止 スピードアップ 導入 メンテナンス
補充時の
正誤チェック

棚に入れる時点での
ミスを防ぐ

予製

予製の監査をあらかじめ完了できる

画像保存

処方した薬の写真を撮影し、患者からの後日問合せにも記録をもとに対応できる

先行調剤

処方箋入力前に作業ができる

複数人同時調剤

1枚の処方箋を複数人で作業できる

ピッキング
ナビゲーション

ピッキング順序をナビゲートしてくれる

機種

機種によって設置場所の確保・工事の可否が異なる

薬品マスタの更新

薬品マスタデータの更新方法

監査以外の
便利機能

30日間無料お試しからスタート
iPodtouch
iPhone
iPad
があれば工事不要(専用PC不要)
自動更新
  • 在庫管理・棚卸と連動して業務効率化
  • 予製作成で棚卸しの時短
  • オンライン服薬指導に対応
他システムと連携で機能拡充
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
手動更新
  • バーコード読み取り後の実在庫チェックで棚卸し対応
老舗メーカー発のお手軽システム
スキャナ付
iPodtouch
もしくは
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
  • 棚番ごとの数量入力で棚卸し作業軽減
  • ラベル・帳票プリンターと接続可能
全自動錠剤包装機とも連動
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
  • 全自動錠剤包装機と連動、手撒き分包にも対応
  • 調剤履歴を制御PCに保存、CSV出力可能