調剤監査システム導入までの比較項目をチェック/薬局経営のヒント/薬剤師賠償責任保険へ加入する必要はあるのか

薬剤師賠償責任保険へ加入する必要はあるのか

公開日: |更新日:

薬剤師賠償責任保険という薬剤師の賠償責任に関する保険があります。この保険へ加入することで調剤過誤や処方箋のミスを見過ごしたときなどに生じる賠償責任の補償をしてもらえることがあります。そこで今回は賠償責任が必要な事例や補償の範囲・個人で加入する方法などをまとめました。

薬剤師賠償責任保険とは

薬剤師賠償責任保険とは薬剤師が働いている病院や調剤薬局といった医療機関・ドラッグストアなどでミスをしてしまった時に利用する保険です。具体的には薬剤師の服薬指導ミスで患者が体調を崩して入院した場合や薬剤を誤って混ぜて注射してしまうなどの調剤過誤・処方箋のミスを見過ごしてしまった場合などで患者へ損害を与えてしまった時に発生する賠償責任に関する保険です。薬剤師のミスで患者に入院が必要になった場合、入院費や通院費・慰謝料などの賠償金が発生します。薬剤師賠償責任保険に加入しておくと、このような場合に補償を受けることが可能になります。

投薬や服薬指導などでミスしてしまう可能性はゼロではないので、経験豊富で細かな部分まで丁寧に作業している場合もミスしてしまう事があります。薬剤師賠償責任保険は万が一の事態に備えるための保険です。

賠償責任が必要な事例

調剤過誤

薬剤を注射する際に薬剤を混ぜて注射することを混注と言います。この時、誤った薬剤で混注してしまい、患者の容体が悪化してしまったり死に至ってしまったり、薬剤師の投薬ミスによって患者に重い副作用が起きてしまったりした場合、個人や医療機関・またはその両方に対して賠償責任が科せられることがあります。

また、ドラッグストアの薬剤師も市販薬を服用した際の副作用のトラブルが発生した場合にも責任を問われることがあります。

処方箋ミスを見過ごした

薬剤師に賠償責任が問われるのは、薬剤師がミスをして患者が健康被害を受けた場合だけではありません。医師が患者へ出した処方箋にミスがあり、それを薬剤師が見過ごしてしまった場合は薬剤師も医師と一緒に連帯責任を負うことになります。複数の薬剤師が調剤を分担して行った場合、調剤過誤が起きてしまうと調剤に関わった薬剤師全員が損害賠償責任を負うことになる場合もあります。

調剤過誤の事例をもっと詳しく

補償されるのはどんなとき?

医薬品や化粧品・医療用具などの販売をしたことで生じた賠償事故、勤務先の会社が所有もしくは管理している設備や施設による賠償事故が起きた時も対象となります。

また、医薬品等を処方する時の服薬指導や訪問服薬指導等で患者へ渡した薬や医薬品などの情報提供をした結果で生じた賠償事故などで補償が受けられます。

また、患者から一時的に預かった財物の滅失や棄損・盗取などが起きてしまった場合も賠償事故の補償を受けることができます。

加入した保険との契約によって対象者が管理薬剤師のみだったり全員が対象となっていたりして、補償の範囲が異なります。自分が加入している保険はどこまで保証してもらえるのかをよく確認しておきましょう。

個人での加入が必要なのか

勤務先は加入しているか

現在の勤務先で自分が薬剤師賠償責任保険に加入しているかを確認しましょう。勤務先の方針や規模によっては、正社員は加入して派遣社員・パート・アルバイトは加入が任意という形で雇用形態により異なっている場合があります。しかし、調剤事故を起こしたのが正社員であっても派遣社員であっても、雇用形態に関係なく責任を問われます。そのため、薬剤師賠償責任保険に加入することが基本となっています。加入しているかどうかが分からない場合は早めに確認しておきましょう。

加入していた場合は内容を確認する

勤務先が薬剤師賠償責任保険に加入していた場合は、加入している保険の種類を確認しましょう。保険の種類によって対象者が異なり、現場の責任者の管理薬剤師のみが対象という場合もあります。勤務先が加入している場合は必ず対象者に自分も入っているかを確認しておくことが大切です。

薬剤師で他の医療機関やドラッグストアなどへ転職希望の場合は、応募する際に薬剤師賠償責任保険に加入している会社か、どのような種類に加入しているかを確認しておきましょう。

個人で加入するには

薬剤師会の会員となって保険に加入する

個人で加入する方法としては日本薬剤師会や日本病院薬剤師会などの薬剤師会に入会し、それぞれの薬剤師会が提供している保険に加入する方法があります。入会することで薬剤師賠償責任保険に加入手続きを行うことができます。この方法の場合は、保険料の外に年会費の支払いも発生し、地域ごとに手続きが異なります。

民間の損害保険会社の保険に加入する

個人で加入する方法として民間の損害保険会社が取り扱っている薬剤師賠償責任保険に加入するという方法があります。薬剤師会からの保険加入は、前提となる団体へ入会手続きが複雑で手間がかかってしまう事があります。面倒な手続きを避けたい方は民間の損害保険会社の保険へ加入することも検討してみましょう。

安心して働くためのリスクヘッジとして加入は必須

薬剤師は医師や看護師と同じように医療にかかわる仕事のため、場合によってはミスで患者の命にかかわる事態に発展することもあります。しかし、どんなに気を付けていてもミスをしたり責任を負ったりするリスクをゼロにするのは難しいです。安心して日々の業務を進めるためにも保険に加入して安心して働けるようにしておきましょう。勤務先が加入している場合も、加入している保険の種類を確認して自分は対象になっているかをチェックして、リスクヘッジにつなげられるようにしておきましょう。

ミス防止×スピードUP!?
おすすめの調剤監査システムを
スペック比較

関連ページ

調剤監査システム導入までの比較項目をチェック

薬局経営のヒント
IT導入補助金はある?
一人薬剤師で店舗をうまく経営する方法
2025年問題は薬剤師の働き方にどのような影響を与えるのか?
薬局経営で重要な薬剤師へのコーチング
非薬剤師のピッキング補助で円滑に運営するには
小回りの利くハンディタイプで
調剤監査システム4つを
比較してみた

スマートフォン・専用端末で操作するハンディタイプの調剤監査システムの中でも、複数台導入が可能な調剤監査システムを4つ厳選。調剤過誤防止機能・作業スピードアップ機能・メンテナンス・監査以外の便利機能といった視点で比較してみました。(2020年10月調査時点)

30日間無料
お試しからスタート
他システムと連携で
機能拡充
老舗メーカー発の
お手軽システム
全自動錠剤包装機
とも連動
調剤過誤防止
補充時の
正誤チェック

棚に入れる時点での
ミスを防ぐ

予製

予製の監査をあらかじめ完了でき

画像保存

処方した薬の写真を撮影し、患者からの後日問合せにも記録をもとに対応できる

スピードアップ
先行調剤

処方箋入力前に作業ができる

複数人同時調剤

1枚の処方箋を複数人で作業できる

ピッキング
ナビゲーション

ピッキング順序をナビゲートしてくれる

導入
機種

機種によって設置場所の確保・工事の可否が異なる

iPodtouch
iPhone
iPad
があれば工事不要(専用PC不要)
専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
スキャナ付
iPodtouch
もしくは専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
メンテナンス
薬品マスタの更新

薬品マスタデータの更新方法

自動更新 手動更新

監査以外の
便利機能

  • 在庫管理・棚卸と連動して業務効率化
  • 予製作成で棚卸しの時短
  • オンライン服薬指導に対応
  • バーコード読み取り後の実在庫チェックで棚卸し対応
  • 棚番ごとの数量入力で棚卸し作業軽減
  • ラベル・帳票プリンターと接続可能
  • 全自動錠剤包装機と連動、手撒き分包にも対応
  • 調剤履歴を制御PCに保存、CSV出力可能

※表は横にスクロールできます

調剤過誤防止 スピードアップ 導入 メンテナンス
補充時の
正誤チェック

棚に入れる時点での
ミスを防ぐ

予製

予製の監査をあらかじめ完了できる

画像保存

処方した薬の写真を撮影し、患者からの後日問合せにも記録をもとに対応できる

先行調剤

処方箋入力前に作業ができる

複数人同時調剤

1枚の処方箋を複数人で作業できる

ピッキング
ナビゲーション

ピッキング順序をナビゲートしてくれる

機種

機種によって設置場所の確保・工事の可否が異なる

薬品マスタの更新

薬品マスタデータの更新方法

監査以外の
便利機能

30日間無料お試しからスタート
iPodtouch
iPhone
iPad
があれば工事不要(専用PC不要)
自動更新
  • 在庫管理・棚卸と連動して業務効率化
  • 予製作成で棚卸しの時短
  • オンライン服薬指導に対応
他システムと連携で機能拡充
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
手動更新
  • バーコード読み取り後の実在庫チェックで棚卸し対応
老舗メーカー発のお手軽システム
スキャナ付
iPodtouch
もしくは
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
  • 棚番ごとの数量入力で棚卸し作業軽減
  • ラベル・帳票プリンターと接続可能
全自動錠剤包装機とも連動
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
  • 全自動錠剤包装機と連動、手撒き分包にも対応
  • 調剤履歴を制御PCに保存、CSV出力可能