分割調剤について

公開日: |更新日:

調剤監査システムにはさまざまな種類があります。分割調剤システムもそのひとつ。ここでは、分割調剤の概要や流れ、注意点などを通して、分割調剤がどのようなものかを見ていきましょう。

分割調剤とは

図説

分割調剤とは、最大3回に分割して処方箋を発行する処方のことで、医師によって「薬剤師のサポートが必要である」と判断された場合に行われています。

この分割調剤は2016年の診療報酬改定以降に実施されるようになりました。しかし、それ以前も、患者さん自身による長期間に渡る薬剤の管理が難しいと判断される場合や、初めてジェネリック医薬品を使用する患者さんのためのお試し期間として短期間のみ処方する場合などに、すでに分割処方は用いられていました。2016年までは、長期処方やジェネリック医薬品のお試しでの分割処方には、医師への連絡は必要でしたが医師の判断までは必要ありませんでした。しかし、2016年の診療報酬改定以降の分割調剤には医師の判断も必要となっています。

参照元:ファルマスタッフ(https://www.38-8931.com/pharma-labo/carrer/skill/bunkatsu.php

分割調剤の流れ

医師の指示による場合

医師の指示による分割調剤の場合、まず処方箋が「分割指示に関わる処方箋(別紙)」とともに発行されます。処方箋の数は分割回数に合わせて、最大3枚です。

薬剤師が、患者さんから上記の最大3枚の処方箋と「分割指示に関わる処方箋(別紙)」一式を受け取ります。すべての書類がそろっていないと受付はできません。

受付をしたら、分割指示に従って1回目の調剤・交付を行います。2回目以降の処方箋は患者さんに返却し、2回目以降の調剤・交付の際に持ってきてもらいましょう。

2回目以降は同じように調剤・交付を行い、すべての調剤・交付が終わったら処方箋を回収しましょう。また、2回目以降の調剤・交付の際には調剤・交付後の処方医への情報提供が義務化されています。処方医へ服薬情報等提供書などを提出して、服薬情報などを伝達しましょう。

長期保存が困難な場合

患者さん自身による薬剤の長期保存が困難な場合は、患者さんからの処方箋の受付、処方医への紹介の後、14日分の薬剤を必要に応じて分割調剤を行います。

処方箋に、今回調剤済みにならなかった分の薬剤と分割処方の理由を処方箋に記載して患者さんに返却します。そして、調剤録もしくは薬歴に必要事項を記入しましょう。

すべての調剤・交付が終わったら、処方箋を回収します。

なお、ジェネリック医薬品を短期間お試しで処方する場合も流れは同じです。ただし、ジェネリック医薬品の場合は、患者さんの希望に応じて分割処方を行うことになります。

分割調剤の際の注意点

薬剤師の業務量が増える

分割処方の代表的なデメリットが、薬剤師の作業量が増えることです。通常の処方であれば調剤・交付は1回で済みますが、分割処方の場合は分割回数の分だけ処方・交付の作業を行わなくてはいけません。また、合わせて処方医への連絡や服薬情報等提供書の記入などのデスクワークも増えてしまいます。

また、2回目以降に患者さんが来局しなかった場合には来局を促したり、薬局を変更したいという申し出があれば変更先の薬局に情報提供を行ったりもしなくてはいけません。反面、こうした作業が増えても調剤報酬はそれほどつかないのもデメリットだと言えるでしょう。

ミス防止×スピードUP!?
おすすめの調剤監査システムを
スペック比較

関連ページ

調剤監査システム導入までの比較項目をチェック

薬局経営のヒント
薬局経営で2店舗目を展開するタイミングや注意点
2025年問題は薬剤師の働き方にどのような影響を与えるのか?
薬剤師の常駐廃止…何を備えればいい?
薬局でBCPを策定する方法とは
流通改善ガイドライン
小回りの利くハンディタイプで
調剤監査システム4つを
比較してみた

スマートフォン・専用端末で操作するハンディタイプの調剤監査システムの中でも、複数台導入が可能な調剤監査システムを4つ厳選。調剤過誤防止機能・作業スピードアップ機能・メンテナンス・監査以外の便利機能といった視点で比較してみました。(2020年10月調査時点)

30日間無料
お試しからスタート
他システムと連携で
機能拡充
老舗メーカー発の
お手軽システム
全自動錠剤包装機
とも連動
調剤過誤防止
補充時の
正誤チェック

棚に入れる時点での
ミスを防ぐ

予製

予製の監査をあらかじめ完了でき

画像保存

処方した薬の写真を撮影し、患者からの後日問合せにも記録をもとに対応できる

スピードアップ
先行調剤

処方箋入力前に作業ができる

複数人同時調剤

1枚の処方箋を複数人で作業できる

ピッキング
ナビゲーション

ピッキング順序をナビゲートしてくれる

導入
機種

機種によって設置場所の確保・工事の可否が異なる

iPodtouch
iPhone
iPad
があれば工事不要(専用PC不要)
専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
スキャナ付
iPodtouch
もしくは専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
メンテナンス
薬品マスタの更新

薬品マスタデータの更新方法

自動更新 手動更新

監査以外の
便利機能

  • 在庫管理・棚卸と連動して業務効率化
  • 予製作成で棚卸しの時短
  • オンライン服薬指導に対応
  • バーコード読み取り後の実在庫チェックで棚卸し対応
  • 棚番ごとの数量入力で棚卸し作業軽減
  • ラベル・帳票プリンターと接続可能
  • 全自動錠剤包装機と連動、手撒き分包にも対応
  • 調剤履歴を制御PCに保存、CSV出力可能

※表は横にスクロールできます

調剤過誤防止 スピードアップ 導入 メンテナンス
補充時の
正誤チェック

棚に入れる時点での
ミスを防ぐ

予製

予製の監査をあらかじめ完了できる

画像保存

処方した薬の写真を撮影し、患者からの後日問合せにも記録をもとに対応できる

先行調剤

処方箋入力前に作業ができる

複数人同時調剤

1枚の処方箋を複数人で作業できる

ピッキング
ナビゲーション

ピッキング順序をナビゲートしてくれる

機種

機種によって設置場所の確保・工事の可否が異なる

薬品マスタの更新

薬品マスタデータの更新方法

監査以外の
便利機能

30日間無料お試しからスタート
iPodtouch
iPhone
iPad
があれば工事不要(専用PC不要)
自動更新
  • 在庫管理・棚卸と連動して業務効率化
  • 予製作成で棚卸しの時短
  • オンライン服薬指導に対応
他システムと連携で機能拡充
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
手動更新
  • バーコード読み取り後の実在庫チェックで棚卸し対応
老舗メーカー発のお手軽システム
スキャナ付
iPodtouch
もしくは
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
  • 棚番ごとの数量入力で棚卸し作業軽減
  • ラベル・帳票プリンターと接続可能
全自動錠剤包装機とも連動
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
  • 全自動錠剤包装機と連動、手撒き分包にも対応
  • 調剤履歴を制御PCに保存、CSV出力可能