調剤監査システム導入までの比較項目をチェック/薬局経営のヒント/薬剤師にとって大事なコミュニケーションスキルとは?

薬剤師にとって大事なコミュニケーションスキルとは?

公開日: |更新日:

病院での診察のあと薬を処方してもらうとき、患者さんから見た薬剤師は、不安な点や疑問点を質問しやすい存在です。たくさんの調剤薬局があるなかで、薬剤師にもコミュニケーションスキルが求められます。そこで、今回は薬剤師にとって大事なコミュニケーションスキルについて解説します。

相手の気持ちを考えて
コミュニケーションをとることが基本

薬剤師にとって大事なコミュニケーションスキルの基本は、相手の気持ちを考えることです。患者さんが辛い気持ちでいないか、不安に思っていないか、疑問を持っていないか、急いでいないかなど、表情や対話の内容から感情を汲み取るように努めます。患者さんは、身体のどこかが不調なので病院や薬局にやってきているのです。こうした気持ちを無視してコミュニケーションを取った場合、患者さんとのトラブルに発展しやすくなってしまいます。

患者さんから情報を聞き出すヒアリングスキルとは

限られた時間のなかで、患者さんが本当に思っていることや正確な情報を聞き出すためには、ヒアリングスキルを身につけることも必要です。ヒアリングスキルとは、相手の言葉に耳を傾けて「聴く」ことで相手を理解すること。聴くことと同時に「質問する」ことによって、さらに患者さんの気持ちに近づくことができます。ただし、「なぜ〇〇しなかったのか?」など「詰問する」ことにならないよう、質問の仕方には注意しましょう。

ヒアリングスキルを上げるコツ

ヒアリングスキルを上げるには、どのようなことがポイントになるでしょうか。ここでは、以下の2つのコツを紹介します。

  • 患者さんが答えやすい質問をする
  • 患者さんの語りを引き出す

患者さんが答えやすい質問をする

ヒアリングスキルを上げるコツの一つ目は、患者さんが答えやすい質問をすることです。患者さんが答えやすいと感じるのは、漠然とした質問ではなく具体的な質問。「はい」か「いいえ」で答えられる質問だと、なおよいでしょう。たとえば、「口が渇くことはありますか?」「薬を飲んだ後に眠くなることはありますか?」といった質問ならば、患者さんはそれほど悩んだり考え込まずに回答することができます。

ここで気を付けていただきたいのは、患者さん一人ひとり、抱えている問題は異なるということです。同じ病気の患者さんでも、年齢や職業、生活習慣、家庭環境など、不調につながる事情はさまざまあります。杓子定規に決めつけず、必要に応じて言葉を添えたり質問を挟みながら対話するようにしましょう。

患者さんの語りを引き出す

ヒアリングスキルを上げるコツの二つ目は、患者さんの語りを引き出すことです。語りを引き出す代表的なテクニックを、「ナラティブ」といいます。ナラティブとは、患者さんに主体的に自由に語ってもらう手法のこと。

ナラティブのポイントは、「患者さんの語りを否定しないこと」「教えてもらうスタンスでいること」の2つです。身体の具合が悪ければなおさら、患者さんの話は支離滅裂になってしまうことがあります。「先ほど〇〇とおっしゃっていましたがどちらが正しいのですか」などと、否定したり詰問したりすることは避けましょう。また、どんなふうに具体が悪いのか、どうしてほしいのかなど、患者さんのことを知らないから教えてほしいというスタンスで対話をすることで、自由な語りを引き出すことができます。

コミュニケーション力を上げて、
患者さんと信頼関係を築こう

ビジネスシーンにおいてコミュニケーションスキルが重要視される昨今、薬剤師にとっても例外ではありません。患者さん一人ひとりの気持ちを汲み取るよう努め、答えやすい質問をしたり語りを引き出したりすることで、患者さんとの信頼関係を築くことができるでしょう。

ミス防止×スピードUP!?
おすすめの調剤監査システムを
スペック比較

関連ページ

調剤監査システム導入までの比較項目をチェック

薬局経営のヒント
非薬剤師のピッキング補助で円滑に運営するには
調剤薬局の課題と生き残るためにするべきこととは
薬剤廃棄ロスが問題に?薬局経営に与える影響とは
薬局経営のオンライン化
2025年問題は薬剤師の働き方にどのような影響を与えるのか?
小回りの利くハンディタイプで
調剤監査システム4つを
比較してみた

スマートフォン・専用端末で操作するハンディタイプの調剤監査システムの中でも、複数台導入が可能な調剤監査システムを4つ厳選。調剤過誤防止機能・作業スピードアップ機能・メンテナンス・監査以外の便利機能といった視点で比較してみました。(2020年10月調査時点)

30日間無料
お試しからスタート
他システムと連携で
機能拡充
老舗メーカー発の
お手軽システム
全自動錠剤包装機
とも連動
調剤過誤防止
補充時の
正誤チェック

棚に入れる時点での
ミスを防ぐ

予製

予製の監査をあらかじめ完了でき

画像保存

処方した薬の写真を撮影し、患者からの後日問合せにも記録をもとに対応できる

スピードアップ
先行調剤

処方箋入力前に作業ができる

複数人同時調剤

1枚の処方箋を複数人で作業できる

ピッキング
ナビゲーション

ピッキング順序をナビゲートしてくれる

導入
機種

機種によって設置場所の確保・工事の可否が異なる

iPodtouch
iPhone
iPad
があれば工事不要(専用PC不要)
専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
スキャナ付
iPodtouch
もしくは専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
専用端末を
購入して導入
(+専用PC設置)
メンテナンス
薬品マスタの更新

薬品マスタデータの更新方法

自動更新 手動更新

監査以外の
便利機能

  • 在庫管理・棚卸と連動して業務効率化
  • 予製作成で棚卸しの時短
  • オンライン服薬指導に対応
  • バーコード読み取り後の実在庫チェックで棚卸し対応
  • 棚番ごとの数量入力で棚卸し作業軽減
  • ラベル・帳票プリンターと接続可能
  • 全自動錠剤包装機と連動、手撒き分包にも対応
  • 調剤履歴を制御PCに保存、CSV出力可能

※表は横にスクロールできます

調剤過誤防止 スピードアップ 導入 メンテナンス
補充時の
正誤チェック

棚に入れる時点での
ミスを防ぐ

予製

予製の監査をあらかじめ完了できる

画像保存

処方した薬の写真を撮影し、患者からの後日問合せにも記録をもとに対応できる

先行調剤

処方箋入力前に作業ができる

複数人同時調剤

1枚の処方箋を複数人で作業できる

ピッキング
ナビゲーション

ピッキング順序をナビゲートしてくれる

機種

機種によって設置場所の確保・工事の可否が異なる

薬品マスタの更新

薬品マスタデータの更新方法

監査以外の
便利機能

30日間無料お試しからスタート
iPodtouch
iPhone
iPad
があれば工事不要(専用PC不要)
自動更新
  • 在庫管理・棚卸と連動して業務効率化
  • 予製作成で棚卸しの時短
  • オンライン服薬指導に対応
他システムと連携で機能拡充
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
手動更新
  • バーコード読み取り後の実在庫チェックで棚卸し対応
老舗メーカー発のお手軽システム
スキャナ付
iPodtouch
もしくは
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
  • 棚番ごとの数量入力で棚卸し作業軽減
  • ラベル・帳票プリンターと接続可能
全自動錠剤包装機とも連動
専用端末を
購入して導入
(専用PC設置)
  • 全自動錠剤包装機と連動、手撒き分包にも対応
  • 調剤履歴を制御PCに保存、CSV出力可能